元いじめられっこは将来負け組みになる!

元いじめられっこは将来負け組みになる

学級階層問題(スクールカースト)にどう取り組むか

いじめ・スクールカースト記事一覧
1:スクールカースト対策さん
「学級階層問題」というのは、主に中学・高校で発生する「人気のヒエラルキー」で、 派手な人・まじめな人・それ以外の人って感じにクラスが分断され、グループ間交流がほとんど行われなくなる現象のことです。

この問題は現在は「スクールカースト」という呼び方の方が浸透しているようですが、この言葉はこの階層現象を 肯定する手段として使用される恐れがあるため、ここでは、「学級階層問題」という言葉を代わりに使用いたしました。

直接的ないじめと比べ、目に見える形で現れにくく、生徒内部の問題で解決が容易ではないという問題はありますが、 いじめやコミュニケーション障害の一因とも言われる問題であり、放置するわけにはいきません。どうすれば、 生徒皆が学校という空間内において虐げられることなく、幸福にすごすことができるのでしょうか?

2:スクールカースト対策さん
アメリカのハイスクールを舞台にしたTVドラマを観ていると、まさにそれ。 アメフトやチアリーダーに所属している者が、なぜか最上位カーストにカテゴライズされている模様。 けど、ハイスクールでは冴えなかったガリ勉どもがアイビーリーグに入学後、人生における栄光が逆転するなんてよくある話。

4:スクールカースト対策さん
初等・中等教育はおかしいよね。勉強だけじゃなく、場合によっては美人やハンサムだとか、礼儀正しく上品なことや、 スポーツ・芸術に秀でている人が、かえって悪者扱いされる。そのほか思いやりや気配り、人の前に出るリーダーシップやパイオニア精神、 個性・ユニークネス・オリジナリティ、趣味が豊かだったり、手先が器用だったり、広い教養があるなど……。 世のなかで確実に、あるいはそこそこ尊敬・尊重されるルールや価値観がズタズタに引き裂かれている。それが学校。

5:スクールカースト対策さん
>どうすれば、生徒皆が学校という空間内において虐げられることなく、幸福にすごすことができるのでしょうか?

人を選抜する学校の中ではムリ。ていうか、ひとつのタイプの組織にすべて、あるいはほとんどの人間が相性がいいとか、 そこに在籍さえすれば幸せになれるという発想じたいがもう…。実際にはいろんなタイプのヤツがいる以上、実現不可能です。 また、学校で幸せを見つけなきゃならないってこともないでしょう。人の人生・生活は学校や学級よりも大きいのです。 人を学校・学級に閉じ込めちゃいけません。

6:スクールカースト対策さん
>>5
確かに、全員が幸せ、というのは現代の学校というシステムの構造上、完全に達成することは無理なのかもしれませんが… 初等・中等教育って、「自分と違うタイプの人との付き合い方を学ぶ場」でもあると思うんですよね。

身なりや趣向が違うからって、衝突(正面からの抗争だろうと階層化による冷戦だろうと)しちゃいけないし、 そうしてしまう生徒にはそれを防止するよう指導するのが学校の役目だと思うのです。

学級である程度付き合う人を限定することが、異文化理解の第一歩になる、とでもいうでしょうか。 (現状、第二歩を与えずに生徒の好き放題にさせているのが問題なのでしょうが)

学級に閉じ込めすぎないことは、>>4のような無茶苦茶な価値観をまかり通りにくくする、 という点で良いかなと思いますが、「学級」という制度を現状のおかしな状態から、もっと教師によるサポート・調整を積極的にして、 健常な状態にすることも必要ではないでしょうか。

7:スクールカースト対策さん
>>6
同意します。今の学級人数、教員数でやろうとすれば無理です。 子どもにとっては大して関わりもない教師(などの大人)よりも、 常に密に接していなければいけない友人グループの規則や価値観が優先します。 よって放っておけば子ども同士つるんで同調圧力を撒き散らします。 しかし教師(などの大人)にはそれを防止するよう指導できるだけの人数も時間的余裕もありません

8:スクールカースト対策さん
なんで話の合う分かり合える仲間と一緒にいることがいけないの??

9:スクールカースト対策さん
>>8
いけなかぁないが、それだけでは一般社会に適応できないから学校では一般社会に適応できるように教わらなければいけない

10:スクールカースト対策さん
>>8
わかり合える仲間がいても、そいつがカースト気にして上のほうにいたりすると話せない

11:スクールカースト対策さん
>>8
それはいけなくない。けど、それ以外の人たちを安易に軽蔑・迫害の対象にしちゃいけないさ。

12:8
>>9
社会適応が本当に出来なくなるのですか?私は高校生ですが、 私から見える社会は学校以上に格付けされているように見えます。 一般社会とはどのようなことを言うのか教えてください。

>>10
似ている物同士が同じグループに位置するのではないのでしょうか?

14:スクールカースト対策さん
>>12
子どものグループばかりで大人が入らなければ社会に適応できなくなるさ、 子どもは愚かな価値観やルールを作って遊ぶからな。一般社会=大人の社会と思えばいい

15:スクールカースト対策さん
・乱れた服装はさせない
・髪は染めない
・ピアスは付けさせない
・携帯電話は使わない

これでも無理か?

16:スクールカースト対策さん
教員の世界が同様な状況(いじめあり、階級あり)なんだから生徒には無理。

17:スクールカースト対策さん
>>15
そもそもスポーツだってカースト振り分けの要素になってるから。それくらいじゃあピクリともしない。

18:スクールカースト対策さん
でも、そういう集団が出来ることでいじめがエスカレートしたりすると思う。集団を作ることが悪いこととは言わないし、 それで仲間意識が出来るならそれはそれでいいと思う。集団間の交流がほとんどないって言うのが問題。 そして、いきなりいたずらやいじめに入ってしまう。個人同士の問題が集団間の問題になってしまうと言うのが問題だと思う。

学校はルールの上に成り立っているところであるから、社会のルールとかモラルとかそういったものはしっかりと叩き込むべき。 その前に、家庭で親が権威を持っていないことがそもそもの問題で、親が子供の言いなりになりすぎっていうか、 子供を甘やかし過ぎって言うか、とにかく親(大人)が絶対だと言うことを子供には知らしめておくべきだと思う。

その子が成長したら、その大人が言っていたことが正しかったか、それともその大人が愚かだったかは、自分で判断すればいいことで、 子供のうちは大人が絶対だと思わせておくべき。そういったことを家庭で教えておけば学校でそんなに問題になることはないと思う。

次に問題になってくるのが、教師や学校側の対応である。 教師は、教室から逃げて職員室にいる。小学校の教師は、本来は教室にいて、生徒たちと交流すべきだと思う。 それも、特定の生徒だけでなく万遍に交流すべきで、そこで特定の生徒とばかり交流することで、他の生徒の嫉妬が生まれると思う。 そして、学校側も学校側で、いじめがあってもそれを隠そうとする。それで、調子に乗ってそれがエスカレートする。 1回やったら1回たたく。そうしていかないと蔓延するだけ。

とりあえず、今の小中学校の現状を作り出しているのは、愚かな大人たちと徹底した情報化社会である。 メディアは事件を網にかけずに放送しているが、それを小中学生も見ていると言うことを理解して節度のある放送を行ってほしいものである。

19:スクールカースト対策さん
>>18
間違ったことは書いていないが、それをやるには・親の「親学受講義務」(ただし無料)問題行動を起こした場合は親子で1週間合宿。 ・担任教員に毎日空きコマ1時間以上設定。そのかわり生徒がいる間は職員室滞在は1回5分以内。が必要かと。

今は親も忙しくて子どもの相手する暇がない、教師も同様。原因は格差社会等ここ数年の締め付け、経営者優遇策。

20:スクールカースト対策さん
>>18
子どもは広い校庭でバラバラで遊んでいるのに満遍なく交流なんてできるわけないだろう。 先生と遊びたくない子もいるだろうし

21:スクールカースト対策さん
>>20
そういう香具師は担任主導で全員で遊びたいとのこと

23:スクールカースト対策さん
>>20
校庭で遊んでいるなら、それはそれで問題なしかと思う。 先生と遊びたくない生徒を先生がしつこく追いかけまわるのは問題ありだが、声をかけるくらいはしないとだめだと思う。 そして、地域意識的なものが薄れてきているのも原因の一つかと

24:スクールカースト対策さん
>>15
そうすると昔みたいに、もっと細かいことで差をつけてカーストを作るだろうな だから校則で縛っても結局は変わらない。 今みたいに茶髪やピアスが一般的でなくて、携帯も存在せず校則が厳しかった時代にも似たようなカーストはあったから

25:スクールカースト対策さん
そもそも運動部で活躍してるか否かがカースト振り分けのかなり大きな要素だったりする。 まさか運動部校則で禁止するわけにいかんべえ。茶髪ピアスはカーストでも低い階級に置かれたりするし。

26:スクールカースト対策さん
そもそも運動部に入ってると内申点が上がるってのが問題。 赤点だらけなのにキャプテンやってるってだけで留年免れたやつもいるし。

27:スクールカースト対策さん
「恋愛」のためだけにカースト分けするんだよ……

28:スクールカースト対策さん
>>27
そういう発想だからお前には恋人ができない。

29:スクールカースト対策さん
運動部とか携帯電話、茶髪とかは副の要素であって主は性格なんじゃないか?サッカー部でも性格がおとなしい奴は3軍だったし

30:スクールカースト対策さん
>>29
サッカー部だったけど最下層だったよ。 サッカー部での階層制度は、当たり前だけど技量・実績のある人間が尊敬されていた。 俺は下手な部類だったけど上手な人間に対して妬みや理不尽さは感じなかった。

だって、自分でサッカーというスポーツを選んだわけだし嫌なら他の部活を選べばいいんだし、 で、下手だったけど階層云々の理由で辞めたいとは微塵とも思わなかったわ(練習がきつくて辞めたいとは思ったことはあるけど・・・)

まぁ学校のクラスでは俺は最低辺だったな・・・クラスだとサッカー部とは違って嫌な狭苦しさがあった覚えたある。 別に好んで学校に入ったわけでもないし、入ったら入ったでよく分からない基準で階層分けされてた。

そういやサッカーが上手でも苛められてた奴いたなぁ、そいつ国体とか選ばれるくらいなのに… どういう人間が人気ものになるかは上手く表現できないのだが、 とりあえず「勉強」「特技」「運動」とかの要素は含まれていなかった気がする。 今思うとそれが悲しかった。人間のある一面だけしか認められていないのがさ、 もう大学生になっちまったけど、俺はずっと引きずってるし、少なからずそういう雰囲気あるわな。ほんといやだわ

31:スクールカースト対策さん
高校になると、部活とかそういう単位じゃなくて、テンションとかノリのよさとかによって変わってくると思う。 権力を持った部活とか人とかがいて、たとえばバスケ部とかサッカー部とかそれはその学校によって違うだろうけど、 その人たちに好かれるかどうかっていうのが、どういう学校生活になるかが変わってくると思う。

そこで問題となってくるのが、なぜこのような権力が発生してくるのかということだけど、まず、部活の場合を考えてみる。 その部活は、その学校では代々権力を持っている部活で、その部活はたいてい運動部だけど、その代々の続きでずっと権力を持ち続ける。

その部活の中でも、部長になるとかじゃなく、1,2年のうちに大勢と仲いい人やその学年の中だけで人気だったり、 ちょっと支持者みたいな人がいたりする人がその部活の仲でも権力を握ることになり、結局はその人がその学校全体の権力を握ることとなる。

次に、個人が権力を握る場合を考えてみる。これは、部活の例においても当てはまるのかもしれないが、 1つ上の権力を持った先輩に好かれていることで、その先輩が卒業した後にその人が権力を握ると言う場合である。 その場合には、その人がある程度人気や人望がある、または、恐れられている人であることが条件の一つとなってくる。 そうでなければ、その代が3年になったときに、その人を排除しようと周りの人たちが行動を起こすからである。

まぁ、学校は学びの場であるが、勉強だけ出来ていてもこういう人に目をつけられる可能性はある。 まぁ、全教科1番とか取れば話は変わってくると思うけど。先生と仲良くなるっていう方法もあるけど、それはそれで、 逆に生徒のほうからは冷たい目で見られる可能性もある。 そこらへんをバランスよくさせることが学校生活を何不自由なく過ごすための最善の策ではないかと思う。

32:スクールカースト対策さん
オレはカーストは男女ともにいるからあると思っている。異性にモテたいがために争いが起こるのではないか? そこで気になるのが男子校はどうなの?異性を気にしないでいいからみんな仲良さそう。女子校は共学よりドロドロしてそうだ。

33:スクールカースト対策さん
>>32
俺、工業高校(クラスは全員男子、女子は学年で2,3人)だったが、カーストはあった。 底辺校なんで完全にDQNが幅を利かせてる感じだったな。異性がいなくてもカーストはあると思う

34:スクールカースト対策さん
>>32-33
上位軍がえばってるだけのカーストなら男子校・女子高でもあると思うけど下位軍が避けられたり、異常なまでに惨めな思いをするのは共学だけだと思う。

35:スクールカースト対策さん
>>32
進学校の男子校だったけれどまさにそう。みんな仲良くて人目を気にせずのんびりできる

36:スクールカースト対策さん
人生相談板のスレにも書いたんだけど、最近になってこの手の現象が浮き彫りになった理由を考えてみると、

1地縁に基づいたコミュニティの希薄化
  →クラスが一緒でも必ずしも「仲良くしよう」と思わなくなる

2メディア・娯楽の多様化
  →同世代だからといって誰とでも円滑にコミュニケーションを取れるとは限らなくなる

3携帯電話の普及
  →特定の気が合う人に限定した交流(=それ以外の人と極力関わらない交流)をしやすくなる

4お笑い番組の変質
  →ウケをとれることが人気に大きく結びつく・いじりという概念の発生

5「勝ち組」「負け組」二元論の風潮
  →皆が「負け組」とは区別された「勝ち組」でいようとする

こんなところだろうか。もしかしたらまだ気づかない現象もあるかもしれないけど。 そして、インターネット・ブログが普及して、マイノリティでも情報を簡単に発信でき、学級階層問題が話題に挙がりやすくなるったんだろうね。 ハイテク化、IT化の負の側面だねぇ。そうは言っても今はSNSなるものもあるから、うまく使えば相互理解も昔より出来そうなんだが。

37:スクールカースト対策さん
教育評論家の森口朗がいじめとスクールカーストの関係を分析した本を書いたらしい。内容は不明。

38:スクールカースト対策さん
まずは、体育の授業をどうにかすべきだろ。指導も何もなしにただ遊ばせてるだけで、初心者がいつまで経っても成長できないようになってるんだから。

39:スクールカースト対策さん
>>38
発達段階について勉強して、指導要領と指導要領解説を読んでから出直してこい。

40:スクールカースト対策さん
>>39
俺は会社員でそっち方面には詳しくないから、教えてくれ。

41:スクールカースト対策さん
問題と言われてもね…最上位にいようと、最下位にいようと自分を見失わないようにすれば、長い人生なんとでもなるような気がするけどね。 最上位にいて驕らず、最下位にいてひがまず…って難しいのかw何か強いよりどころ、 確信があれば、(自分の話で申し訳ない)本当にどうという事はないのだけどね。

自分は教師に恵まれてたのもあるな〜。基本、孤独だったけど、上位に媚びず、下位を蔑まず、の姿勢を褒めてもらえたからね。 それが小四の時。学校に行ってる間中その姿勢で別に問題もなく、社会人になった今も別に…

42:スクールカースト対策さん
「上位に媚びず、下位を蔑まず」いい言葉だ。スクールカーストを生き抜く基本かも。そういう人はいじめに会わないような気がする。

44:スクールカースト対策さん
>>43
日本の数倍激しいとは驚き。勝手に全員が同立場で仲が良さそうな想像をしてた。 一軍にいくために幼少期から訓練するって・・・。そりゃ銃も撃ちますわ。

45:スクールカースト対策さん
>>44
コロンバイン高校事件の背景には、日本でもそういった傾向があるように、コロラドの田舎町で大都市ほど価値観が多様化していない、 だからバイアスが掛かってしまうってのが当然あるよね。

46:スクールカースト対策さん
俺の母校高校に限って言えば、上下関係はなく、派手な人は派手な遊びを、地味な人は地味な遊びをしていて、 問題はなかった。趣味が合う人たちがグループになるのは自然かと。

47:スクールカースト対策さん
スクールカーストなんて20年前からありましたよ。派閥と呼んでいましたが実体はまさにカースト

48:1
>>1です。
最近書き込みが停滞していますね、やはり時期尚早な問題だったのでしょうか。今は教育学の専門家の間でもそれほど定着していない問題のようなので、 少しでも問題の存在をアピールしてゆくのがスタートかな、と思ったのですが…

私の考えとしては、入学・クラス替えの際にアンケートをとって、学級の階層化に「賛成」か「反対」かを生徒に答えさせるのはどうかな、と。

「賛成」の生徒は、厳しく皆が仲良くするよう指導するクラス(以下A)へ。束縛は多くて窮屈だけど平和なクラス。 「反対」の生徒は、それと反対に自由放任的なクラス(以下B)へ。弱肉強食の殺伐としているけど自由に力を誇示も出来るクラス。

Aクラスで平和を乱した生徒はBに移動、Bクラスでいじめられ不登校スレスレまで達した生徒は(半分は自業自得なので)厳しい審査の後Aへ。

これで階層化の肯定者と否定者を分けることでいい感じになるのではないかな…と考えたりしてます。 もちろん自由にして平和ならそれに越したことは無いんだけど、よほど優良な生徒ばかり集まらないとそれは起こりえないかな、とは思いますから…

・考えられる問題点
A⇔B間の相互断絶
移動を繰り返した結果各クラス内が似たもの同士になって他者の理解が出来なくならないか

49:カカロフ
大道廃れて仁義有り。(老子):改正前の教育基本法の「教育」は、「education」=「学び教える場(学び場)」の意味という説

50:スクールカースト対策さん
主婦の片手間で高給取りのオバティーは、ツライ世の中になるだろうな。

51:スクールカースト対策さん
クラスって階級という意味なんだがな。

52:スクールカースト対策さん
森口朗のいじめの構造読んだけど、まさに正鵠を射てた。・いじめは絶対になくならない・いじめられっこにも 原因が無いわけではないというリアルで公言したら集中砲火浴びそうなことが書いてあったが、まさにその通り。

53:スクールカースト対策さん
>>48
不登校の権利もあるという発想からすると、不登校をしたら選択肢を奪うのは登校と不登校の非対称な扱い、すなわち差別であります。
反対し、抗議します。

54:48
>>53
それも一理ありますね。不登校になった生徒には本人の希望を尊重し、柔軟に対応することも必要かもしれませんね。 もっとも、不登校の生徒を極限まで減らすことが課題だとは思いますが…

55:スクールカースト対策さん
>>48
判定がむずかしいな、平和をみだす行為という範疇がとこまでなのか
荒い口調とかも入るのかな?

56:スクールカースト対策さん
>>46
それで苦しんでる人もいるんだよ。
イジられながら、または無理しながら派手なグループにいる奴。「目立ちたい」と思いつつ、 グループがそれに見合わないので目立てなかった地味グループの奴。

57:スクールカースト対策さん
ここのスレすごいな。日本の教育はこれで大丈夫なのだろうか。

58:56
追加。
肌に合わないので派手グループから逃げようとした奴は酷い目に遭う。まず周りの態度が180度変わる。 今までは「かっこいい」「面白い」と認識されていた言動が「キモイ」「ウザイ」として扱われる。

また少しでも目立ったりすると調子こき扱い。今まで当然の事だった女子からの「おはよ」「バイバイ」などの挨拶も不思議なほど少なくなる。 そしてどのグループもまともに相手してくれず、やっと入れたグループはオタクグループや地味グループである場合がほとんどだ。 というかそんなグループだから、さっき書いたように周りの態度が変わるのだろう。

一方、地味グループにいながらはっちゃけた奴はどうなるのか。確実にまず調子こき扱いされるだろう。 運がよければ『変人認定』されていじられキャラか面白キャラ(悪い意味での)になれる。 こうなれば少なくとも地味ではなく友達に困ることはないが、よほどのMでなければ屈辱的な
毎日になるだろう。もちろん誰でもこうはなれない。調子こき扱いされて、ただの地味人間だった頃より、ますます悲しい学校生活を送るのがセオリーだ。

どのグループにも属せず、キモがられたりウザがられたり嫌われたり…。こうなるとカースト本来の目的である『異性からの人気』を 得ることなど絶対に不可能だ。このように『自分らしさの檻』に閉じ込められているのが今の中高生の現状である。

59:スクールカースト対策さん
自意識過剰と被害妄想の塊だな

60:スクールカースト対策さん
誰かを無理にでも共通の敵に仕立てないと味方を探せない。
とかあったな。

61:スクールカースト対策さん
女って男の顔や能力はもちろん集団でのポジションまで判断材料に入れて男選ぶんだな…。
かわいいかブスかですぐ決めちゃう男の方が男らしいな。

62:スクールカースト対策さん
>>60
他の全てを省みず、階層の破壊のみを目的とするのであれば、教師陣がその「共通の敵」の役を買って出るのもアリか!?

63:スクールカースト対策さん
>>62
うーん俺は中一のとき担任が(ryだったけど階層は生まれてたなあ

64:スクールカースト対策さん
>>54いいえ、逆です。登校の生徒を極限まで減らすことが必要です。

65:スクールカースト対策さん
スクールカーストやオフィスカーストは消費構造と密接に結びつきすぎていて、実際の能力とはそれほど関係していない。カースト内では攻撃性の高い上層の人の能力は実際よりも過大評価され、攻撃性の低い下層の人の能力は実際よりも過小評価されることになっている。つまり、容姿がいいから高位にいるのではなく、高位にいるから容姿がよく見えるという相互の作用中で成立している力関係なのだ。

このことは、実際に確認することもできる。多くの人が「あの人は発言力もあり、成績も優秀そうだ」とする人のことに関して、実際に当人に聞けば中位程度の成績だったりすることもざらだ。だが、教職員も生徒もみな、印象のほうにばかり注意がいき、結果、実際の能力や容姿の序列には無関係にそれほど大きく関係なく、カーストが決まってしまっているのが現状だ。

そして、印象を操作するには癖毛をなおすためにパーマをかけたり、ブランドものを買うためにバイトをする、ダサい人を小ばかにするなどの行為をしなければならなくなるのだ。でも、いい加減、いい歳にもなってこんなのに力を注いでいる人がいたら、逆に厳しいと思う。

66:スクールカースト対策さん
スクールカーストによっていじめが起こるのではない、「能力に関しての評価」が集団内で大幅に変化してしまうことで、不利な条件が重なりやすくなるのである。わかりやすい例えれば、カーストが低い人と高い人で裁判を行うと、高い人に罪があっても低い人のほうが負けやすい条件がそろうのである。

具体的にいうと、スクールカースト上位層の男が下位層の女にアプローチして、断られたとする。ここで上位層の男は、発言力の関係上、男が「しつこくされたので自分がふってやった。」と発言しても、周囲は信じる状態になることがありえるのだ。
このように、ふだんはそれを意識せず、いじめの直接の原因にならなくとも、“何かが起こった際に”このカーストによる有利不利が大きくものを言うようになるのである。ひどい話なのである。

67:スクールカースト対策さん
アエラでスクールカーストが取り上げられるらしい。
はてなキーワード登録してた人が、体験談募集してる。

68:スクールカースト対策さん
森口朗氏の『いじめの構造』でもスクールカーストが論じられたり、AERAでも取り上げられたり最近ますますメジャーな問題になっているな。

生徒が皆、小学校の国語の教科書に載ってた「みんなちがって、みんないい」の精神を身につければ、スクールカーストは無くなるんだろうなとは思うんだけど、そのためにはどうすればよいのか……

69:スクールカースト対策さん
今の中高生は大学生の就職活動見て、コミュ能力優遇される現実をネットで知ってるだろうから。スクールカースト上位=一流企業 下位=ニートフリーターだって考えてるだろうな。
企業の現実がこれである以上 むしろスクールカーストは推奨した方が良いと思う。下位層は早めに自分の人生を客観視して理工系や医師薬看護から筑波系目指したりした方が良いだろう。逆に高校でヲタクグループで普通に過ごしてた奴が文型の大学に行くと地獄

70:スクールカースト対策さん
ドラゴン桜やカイジが流行るこのご時勢に先生の綺麗事なんて誰も聞かないと思う。
だいたい正教職員は格差社会の勝ち組であってパンピーよりも生活水準が高いだろうから考え方がずれてると思うんだけど

71:スクールカースト対策さん
>>69
学校教育、特に小中学校は、「就職予備校」ではないわけですから、良い企業に就職する「ライバルを蹴落とすテクニック」を学ばせるよりも、 「差別をしない、温かい心」を養成することの方がとても大事であると思いますが…

コミュニケーション力でしたら何も生徒間のギスギスした空気を強めなくても、授業によって高めることもできますし。 (実際にコミュニケーションの授業を行っている小学校も以前テレビで紹介されていました)
それにコミュニケーション能力が劣っているからと言ってカーストを正当化してしまえば、「算数ができない」「体育ができない」 (これはすでに起こってますが)といった能力の低さを馬鹿にしたいじめがさらに横行するのではないでしょうか。 ストレス社会と呼ばれている現代、これ以上生徒間の緊張を高めなくてもよいのではないでしょうか。

それに、スクールカーストってコミュニケーション能力のみで決まるものではないのです。

ルックスや趣味など。顔の造りなんてどうしようもありませんし(整形にも莫大な費用がかかりますし)、 趣味だって本来どんな趣味の愛好者も平等に扱われるべきだと思うのですよ。

アニメが好きな生徒も、バイクが好きな生徒も、その趣味(のみ)で不当な評価を得られるべきではないし、 そういった趣味って、上下関係があるべきものではないと思うのですよね。

そういったものにも優越を決め付け、いじめを正当化してしまうのは、いかがなものでしょうか?

72:スクールカースト対策さん
倫理教育が昔の事情で手付かずのままなんでしょ?
人間が本能のままに残酷になっていくのも無理ないよ

73:スクールカースト対策さん
>>71
俺も学生時代にはそう思ってたよ。理系の男子校だから自分のコミュ能力の低さを自覚せず。文型に言って地獄を見たよ。

スクールカースト底辺は死ぬ気で大学デビューしないと就職できないと現実を教えるべきだ。顔がどうしようもない? 世の中は生まれつきの者でいくらでも差別されるんだよ。小さい時に身の程を知り人生設計させるのが大人の優しさだろ?

それに趣味は何をするのも自由だけど権力者に話を合わせるのは社会で必須な事だろ?ドラゴン桜、カイジ。ウシジメ君を読んだら? お前は教職と言う勝ち組高所得だから生きるのに精一杯な庶民の気持ちががわからないだけだろ

74:スクールカースト対策さん
>>63
学級崩壊の起こっているクラスは結構虐めが起こっているみたいだしな。無法地帯だから止めようがないんだろう。崩壊していなくても発生はするだろうけど

75:71
>>73
コミュ能力が就職の際に大きなウエイトを占めていること、また義務教育課程においてそれを読み書きそろばんと同様に養成する必要があることには同意します。 しかし、何もその手段が、スクールカーストを強化することでなくてもよいのではないでしょうか。

スクールカーストを肯定するという事は、いじめを肯定することでもあります。いじめの中には暴行、侮辱など犯罪の要件を満たすものもありますし、 満たさないものであっても社会通念上、マナーとしてやってはならないことです。義務教育で、いじめを肯定することには同意できません。

>顔がどうしようもない?世の中は生まれつきの者でいくらでも差別されるんだよ。社会で横行していることであっても、 いけないことはいけないと教えるのが学校の役目です。

>それに趣味は何をするのも自由だけど権力者に話を合わせるのは社会で必須な事だろ?権力者に話を合わせることにも限度があります。 趣味にまで序列を設け、人の顔を窺いながら趣味を選ばなければ社会的地位が低下してしまうのは、「悪しき風習」なのではないでしょうか。 学校でそれを教え込むことは、風習を助長させる負の連鎖になりますから、学校という場所で断ち切るべきではないでしょうか。

>お前は教職と言う勝ち組高所得だから
いいえ、教職ではございません。かつてのあなたと同じ、文系の大学生です。

76:スクールカースト対策さん
アニオタ教師のクラスでスクカ強化したら、アニオタが高位カーストにされると思うね。


77:スクールカースト対策さん
教師が実生活でマイナスにしかならない綺麗事を吹き込むせいでそれを訂正する親の苦労もわかれよクソども

78:スクールカースト対策さん
世の中には建前を律儀に唱えるのが仕事の人もいる。僧侶も教員も朝日新聞もそう。 教師なんてきれいごとで給料もらっている職種だと学ぶのも子どもにとっては必要。

79:スクールカースト対策さん
陰湿で馴れ合い談合排他大好きの糞ジャップにはどーしよーもない

80:スクールカースト対策さん
小学生高学年にもなって
「ワタシ××が絶対ダメ!」
「絶対嫌い!」
を連発する嗜好や価値判断の限定主義者が多いのは大問題
幼稚園化というより、幼稚園以前の「近所の砂場」感覚のままではないか

81:スクールカースト対策さん
アッパースクカーの大半はII種の地方公務員となっている。スクカーで上位な者はアウトカースト(含む卒業後の進路先)でのカーストに過敏なのは希、 あくまでも中流の中の層の師弟の世界観でしかない

82:スクールカースト対策さん
周りに合わせなきゃいけないからと不良暴走族DQNになったら元も子もない。

83:スクールカースト対策さん
ガキ大将の時代からスクールカーストなんてあったけど今は何故問題なんだ やっぱり差別が昔よりもキツクなってるのか?

84:スクールカースト対策さん
今月発売された、
和田秀樹『「か弱き、純真な子ども」という神話』という本でも、
スクールカーストが取り上げられているらしい。

85:スクールカースト対策さん
和田の名を挙げるのはマイナスにしかならない

86:スクールカースト対策さん
スクールカーストなんて所詮オタクの被害妄想でしかないだろ。
特に嫌われている訳でもなく自分に少しでも嫌な事が起こって「これはきっとカーストなんだ。」と僻んでいるに過ぎない。

87:スクールカースト対策さん
なんでこういうのって逮捕されないの?アウトだろ。

88:スクールカースト対策さん
>>86
クラスの中に、同じことやっても、ちやほやされる人と、調子乗ってるって言われる人いなかったか? あったならそれがスクールカースト。なかったならアンタのくじ運がよかっただけで、あるクラスも山ほどある。それがスクールカースト。

89:スクールカースト対策さん
桐野夏生の「グロテスク」をふと思い出した。

90:スクールカースト対策さん
スクールカーストとただの好き嫌いの区別はどうやってするの?

92:実習生さん[
またエセ教育学者に騙されているな。しっかりしろよ! エセ教育学者の本の売り上げに貢献するなよ。無駄なお金を払うな。

そういう言葉自体が差別につながるんだよ

93:スクールカースト対策さん
いつのまにかwikipediaにもスクールカーストの項目が出来てたんだな。

94:スクールカースト対策さん
いじめは、赤の他人を狭いところに長時間閉じこめて、強制的にべたべた密着させるからひどくなる(内藤朝雄)。

『〈いじめ学〉の時代』内藤朝雄著 ■ずさんな論を正す「入門書」
日常よく使う言葉にも、その言葉の意味や対象のあいまいなものがたくさんある。そういったお互いの誤解や言葉の混乱が、 悪影響を及ぼしてしまうこともある。「いじめ」という言葉は、その最たるもののひとつではないだろうか。

著者は、もともといじめられっ子ではない。逆に、高校生時代は、管理教育の現場で教師らと闘い、最後は自主退学に追い込まれた過去を持つ。 ある必然から、平成5年に山形県新庄市で起こった山形マット死事件の周辺取材を行うことになった。 著者はそこで、世の中の「生きにくさ」のわけを解く大きな鍵が、「いじめ」と呼ばれている現象の中にあることに確信を抱くのである。

ところが、「いじめ」なるものをきちんと研究し、定義し、どういった行為や人間関係が「いじめ」と呼ばれるものなのか、 はっきりかつ詳しく述べている学者や専門家が、誰ひとりとしていなかったのである。 著者のいじめ研究は、最初に学術書で公表されたため、簡単に理解されるものではなかった。 結局、その後も、世間は身勝手ないじめ論を垂れ流し続け、ずさんな論を声高に唱え続けた。それが、世の中に悪影響を及ぼさないはずがない。

そんな現実にいきどおりつつ、著者の生い立ちを交えてつづったのが、このはじめての入門書である。 (柏書房・1680円)いじめを本当になくしたいと思っている人は、この本を読んで欲しいと思う。そして、真剣にいじめに対峙して欲しい。 今、この時間にも、日本のあらゆる学校で、いじめに苦しんでいる子ども達がいる。私の子どもがいじめにあい、 親の私もそのことで受けた心の傷を、ひりひりと感じながら癒せないでいる。この本の文章は、私にとって癒しそのものとも思える。 子どもをいじめたもの達を、周りで傍観していたもの達を、看過していた教師達を、未だに許せないでいる苦しさを、この本は優しく包んでくれた。

95:スクールカースト対策さん
アメリカのように、それぞれの階層に対応した呼称(ジョックとかギーグとか)を作らないこと。 こういう言葉を作ると、更にカーストが強く意識され、強固なものになってしまうと思う。

96:スクールカースト対策さん
たしかに自分の通っていた学校でもこんなのあったな。 あのときのK谷は最低のクズだった。今でも氏ねばいいと思っている。

SNSでのフォローお願いします

SNSでのご紹介・リンク・ご感想・ご批判をお待ちしております。

特集:便所飯

便所飯:僕は学校ではトイレで弁当食べてます:おなかいっぱい!便所飯!

便所飯してる大学生:便所飯って本当にいるんだな、と思いました!

近畿大学でついに便所飯禁止令:最期の食事場所だった便所さえ奪われたスクールカースト最下層!

まだ、リア充・コミュ充と同じ土俵で勝負しますか?

精神障害者採用枠就職例

契約社員:Webデザイナー 33歳 鬱病(うつ病)

精神障害者採用枠には、ルーチンワークしかないと思っていましたが、今までの経験を活かせる仕事に就けました。 正社員でも1年で潰れるより、病気や障害を理解してもらい5年、10年続けた方がいいと思いませんか?

鬱病(うつ病)精神障害者就職情報

掲示板 ご意見募集中

掲示板