元いじめられっこは将来負け組みになる!

元いじめられっこは将来負け組みになる

なぜ、虐め(いじめ)は無くならないのか?

いじめ・スクールカースト記事一覧
1:いじめに負ける匿名さん
悪いとは思いつつも、ついついやっちゃうんだよね(笑)

2:いじめに負ける匿名さん
いじめはやめろ、いつか後悔する…

5:いじめに負ける匿名さん
いじめなんて実は、ないんじゃないか?そう思ってます。よく事件になるのは、いじめでもなんでもなく傷害事件や恐喝、ただの犯罪。

8:いじめに負ける匿名さん
いじめは人間社会の華
いじめの本質とは「楽しい」ということである
いじめはスクール・エンターテイメント
いじめは最高の娯楽
いじめは一種のスポーツ
文明が続く限り、いじめは決してなくならない
大人になると、いじめの方法も洗練・巧妙化される
いじめの原因はいじめられる側にある場合が多い
いじめは有用な自己浄化システム
いじめを楽しむことを通じて、実社会で活躍するための能力を鍛えることができる
いじめ被害者は、なぜ自分がいじめのターゲットにされやすいのか、徹底した自己批判をするべき
いじめ被害者は、自己批判を徹底して行うことで、己の人格の改善につながる
いじめ被害者はどこに逃げてもいじめの対象となる
体臭がくさいやつは改善の努力をすべきである
いじめ被害者は、協調性がなく、根暗で、コミュニケーション能力の低い人間が多い
いじめ被害者は、自意識・自尊心が強い上に、狭い価値観に閉じこもりがちである
若い時分にいじめ娯楽を楽しめなかったことへの後悔の念が強い人間ほど、いじめ撲滅派になりやすい
いじめ撲滅派は「モテない男がクリスマス・イベント撲滅を願う」のと似ている

10:いじめに負ける匿名さん
いじめるのが楽しいってよっぽど心が病んでるな。まあ〜いつか天罰がくるけどな。因果応報。

12:いじめに負ける匿名さん
なにかといえば神の罰というメタファーを持ち出すのはアホ。

13:いじめに負ける匿名さん
相手に原因があってもそこで手を出せば自分の負け

14:いじめに負ける匿名さん
>1
いじめが楽しいと思ったことは一度もないんだが…したこともないし、 しかし残念ながら俺のような奴は非常に珍しい少数派らしい。

15:いじめに負ける匿名さん
>>14
(虐め)いじめをしたことがないなんてことは「絶対」ありえない。誰でも人と関わったことがあるなら(虐め)いじめをしたことがある。 それを(虐め)いじめた記憶ないということは、つまりあんたが異常なまでに鈍感なだけ。 相当ひどく他人を傷つけても全く気がつかなかったってことだね。

16:いじめに負ける匿名さん
もちろん(虐め)いじめが楽しいなんてことは全く正常。人間として当たり前。この前死んだ今村仁司の本でも読め。 最近だと柄谷あたりに取り入って調子に乗ってる萱野某の暴力論でもいいか。

17:いじめに負ける匿名さん
自分が単なる喧嘩だと思ってても、相手は(虐め)いじめと取ってることもあるからな。 >>14は自分が知らないうちに相当恨みを買っていると見たw

18:いじめに負ける匿名さん
(虐め)いじめは類人猿の時代から続く人類普遍のエンターテイメント。やってみりゃ分かると思うけど(虐め)いじめの快感を覚えたら、SEXなんて目じゃなくなる。

19:いじめに負ける匿名さん
いじめが楽しいってよっぽど退屈な人生送っているの?

20:いじめに負ける匿名さん
いや、実際いじめは楽しいものだよ。だからといってやっていいってことにはならないけど、 いじめをなくそうとするからにはここは問うべき点。

共同行為によって異質性の排除が達成されることを喜ばない社会的主体があるだろうか? ないだろ? 子どもたちはそのシミュレーションをやっているだけ。大人たちの背中を見ているからな。

>>19も、気持ちは解らなくもないけど、無用の煽り。実態にきちんと直面して議論すべき問題だと思う。

21:いじめに負ける匿名さん
いじめが楽しい?おれは楽しくなんかないな。気分が悪くなってくる。

22:いじめに負ける匿名さん
官僚や大学教授の世界だって、陰湿な(虐め)いじめが腐るほどある。人間にとっての一番の娯楽は(虐め)いじめなんだから仕方がない。

23:いじめに負ける匿名さん
>>21
それはいじめ方が下手か、あるいは「いじめない高潔な自分」をキモチヨク思う装置が あなたの中に作り上げられているかのどっちかだと思うよ。 異質性を【みんなで】排除する行為に伴う快感というのは、先天的とか生物的とかまで言うつもりはないけれど、 少なくとも名誉とか人倫とかいうレベルよりは下部にある。

>>22
どこにでもあるものだったり、楽しいものだったりしても、仕方ないという結論にはならない。

24:いじめに負ける匿名さん
無理矢理、服脱がされてちんこの写真撮られるより、は子会社に飛ばされるとか整理部に異動とかクビになる方がマシだろ。

25:いじめに負ける匿名さん
>無理矢理脱がされてちんこの写真撮られるよりは
↑そんな会社はないし、そんな学校もない↓
>子会社に飛ばされるとか整理部に異動とかクビになる方がマシだろ。
何をどう比べて何を言いたかったのか全く不明

26:いじめに負ける匿名さん
(虐め)いじめが楽しいって心病んでるんじゃない?大丈夫?

27:?
いじめに負ける匿名さん
貴様の処刑が楽しみだ。キサマを縛り付けて、タップリ生き地獄を味わせ、タップリなぶり頃してやるからよ。 命にスペアはないんだぜ、命だけは大切にしようぜ。青二才さん。

28:いじめに負ける匿名さん
>>26
あなたと同じ考えの人があと3人くらい現れて>>23あたりをボコボコにしたとき、あなたも少しはいじめの楽しさがわかってくるでしょう。

29:いじめに負ける匿名さん
とにかく、「悪いとわかっていても楽しい」という点を問い直すのが>>1の出した命題。 「楽しいなんて心病んでると思う」なんていうのは全然学問的な発想ではないしスレ違い。 自分がかくも高潔にもそうではないとしても、そう思う人間が少なからず存在することをどのように【分析・記述・説明】するべきなのかという問いを発し続けるべき。

30:いじめに負ける匿名さん
あるいは「いじめない高潔な自分」をキモチヨク思う装置が、 それはそっちにもいえる話。いじめに快を見出す装置が君にもあるみたい。ようはなぜ分岐するかってはなしや。

31:いじめに負ける匿名さん
(虐め)いじめが楽しいなんて思ったことないなぁ・・・。まぁこれが普通の考えなんだろうな。

32:いじめに負ける匿名さん
>>30
そうだろうね。
ただ、人間は共同行為をするものだし、異質性の排除は共同行為の必然。更に進めていえば、異質性の排除は共同行為の必然的な一要素。 これに快を見出す装置が、人の多様性を重んずる思想に快を見出す装置より下位(低俗・低劣って意味じゃないよ)に位置付けられるのは間違いない。 だから、分岐は以下のようになると思う。

「下位レベルにある異質性排除の快が、上位レベルにある多様性の尊重によって無化されている」 「下位レベルにある異質性排除の快が、上位レベルにある多様性の尊重よりも勝っている」

この違いはどこから来るのか?だから、この「下位レベルにある異質性排除の快をもたらす装置」を持たないのは 明らかにビョーキ、あるいは下位レベルでの共同行為に参加したことがないということ。 高潔で健全な人間とは、下位レベルにある装置の存在を自認しながら、 それを自制することのほうにより多くの快を見出す人間と言えるのではないか?

この「明らかにビョーキ、あるいは下位レベルでの共同行為に参加しない」青瓢箪こそが ある日突然異質性の排除に目覚めて狂ったように他者を抑圧し始めるんジャマイカ? と、漏れは思う。だから、【天然高潔貴人】とは議論にはならないどころか、 【天然低劣俗人】以上に危険な存在だと思っている。

33:いじめに負ける匿名さん
たとえば、漏れが参加した(と今では自認している)いじめは二度ある。最初のは小学校6年のとき、集団登校のときだった。 ひとり、いつも集合場所に遅れてくる香具師がいて、現れても別に詫びるわけでもない。

一人欠けて登校すれば怒られるし、遅刻してもやっぱり怒られる。漏れは違ったが、私立中学考えてる香具師は 遅刻回数が増加するのはホント堪えられなかっただろう。

そういうわけでというほど因果づけていたわけでもないが、そいつの黄色い帽子を奪ってみんなで回したりということが 行われるようになった。帽子は校門に着くまでには返す。非常に愉悦感のある遊びだった。

ある日突然、そいつの親が漏れの家へ殴りこんできた。「うちの息子をいじめるな」というのだ。漏れらはびっくりしたよ。 和を乱して実害を与えているのはお前の息子の方だぞ。まず話はそこからだろうが、とね。

でも一方で学習もした。ああ、これがいじめなんだ、と。被害者は終始笑顔で居るけれど、心では泣いてることもある。 漏れたちが楽しいのと動揺の感情で笑ってるわけじゃないんだ、ということも理解した。

34:いじめに負ける匿名さん
次のは大学1〜2年のときだ。

別スレでも書いたから読んだ香具師は居るだろうが、「帰国子女」にとんでもないセクハラ野郎が居て、 大して親しくもない女に話し掛けたり髪を触ったり、それ以外にもとかく奇行の多い男だった。

結局、何人かの人間は相談しあって、それ以外に自分で決めた奴も居ただろうが、 徹底的に無視することにした。英会話の授業では彼はずっと教師と組んで練習する羽目になっていた。

結局彼は2年生までで大学を辞めた。集団無視が主たる理由であるかどうかは知らない。 とりあえず漏れたちには、若干の後ろめたさと同時に、随分な風通しのよさが与えられることになった。 集団無視自体に快感はなかったが、求めた結果が得られたことについては満足した。

35:いじめに負ける匿名さん
前者はいじめだと思っていなかったがいじめ自体が楽しかった。後者はいじめだと思っていたし楽しくなかったが成果には満足した。

集団行動が必要な場合、その集団行動の中で著しく実害をもたらす香具師、 集団行動に著しく不快感をもたらす香具師を排除したいと思うのは人間の本質的欲求だと思う。 それを抑制するのは、高潔な人のありようだと思うが、それも実害や不快感の程度によりけり。

36:いじめに負ける匿名さん
苛められたら苛めかえせよ。それができない奴はどうしようもないね。

37:いじめに負ける匿名さん
全然スレ違い↑

38:いじめに負ける匿名さん
スレ違いなレスをして疎外感を味わいたかったんじゃね?そのある種の疎外感が気持ち良いみたいな。

40:いじめに負ける匿名さん
きっとマルクス主義者なんだな。

41:いじめに負ける匿名さん
まぁこれからも人類は(虐め)いじめたり頃しあったりしながら存続していくんだろうな。(虐め)いじめより戦争の方が相互的であるだけマシかもな。

42:いじめに負ける匿名さん
>>32
>この「明らかにビョーキ、あるいは下位レベルでの
>共同行為に参加しない」青瓢箪こそが
>ある日突然異質性の排除に目覚めて狂ったように他者を
>抑圧し始めるんジャマイカ?
>と、漏れは思う。だから、【天然高潔貴人】とは議論にはならないどころか、
>【天然低劣俗人】以上に危険な存在だと思っている。

超同意。内藤さんとかどうなんだろう… 少なくとも「天然高潔貴人」から出発したわけではなかったはずなんだが…

43:いじめに負ける匿名さん
>>41
そうだとは思うが、それによって悲しい思いをする人が出来る限り少なくなるような努力はすべきだろうから、 まずは精密な分析をすべき。異質性の排除という問題を放棄して看過するというのなら社会学なんていらない、 というのは言い過ぎだろうか。

>>42
漏れの印象では、内藤氏は学校組織が嫌いなのであって、素材としては、いじめに限らず、校門圧死とか教員の痴漢とか PTA会長の着服とか何でもいいんじゃないかな?と思う。

45:いじめに負ける匿名さん
異常犯罪集団潟Tンフ△ッセ殿貴社のDQN従業員の方々が業務時間中に私服で社外におり ストーカーのようなマネをしてきているのを何度も確認しているのですが、なんのつもりでしょうか? 都合悪い事でもおありでしょうか?

46:いじめに負ける匿名さん
虐めには2種類ある

@怨み・嫉妬など何らかの理由による場合
相撲協会のリンチ事件は、金が原因ですね

A>>1みたいな奴。コレは単なるS(サド)嗜好ですねSと表現すると皆さんSMを連想される方が居ますが、別にSMに限った事ではありません 自分より弱い者虐める事もS要因だと思います。動物虐待もS嗜好ですね

47:いじめに負ける匿名さん
異質性の排除はどっちにあたるんだ?

48:いじめに負ける匿名さん
無抵抗な者をいじめるのは臆病者。強いヤツは殴ったら殴り返すようなヤツとケンカする。

49:いじめに負ける匿名さん
いじめの悦びと闘争の悦びを混同しているなw

50:いじめに負ける匿名さん
サディスチックな快楽

51:いじめに負ける匿名さん
>>1
程度の問題。言葉のいじめが楽しくても残虐な暴力的いじめは楽しくない人もいる殴る蹴る行為が楽しいというが、 ではそのいじめられっこが可愛がっている子猫をぶっ頃し、いじめられっこが泣くのを見るのが楽しいかというと、また違う話しになったりする。

52:いじめに負ける匿名さん
大人になっても(虐め)いじめはなくなりません。

54:いじめに負ける匿名さん
■ずさんな論を正す入門書 『〈いじめ学〉の時代』 内藤朝雄著

日常よく使う言葉にも、その言葉の意味や対象のあいまいなものがたくさんある。出版業界では、たとえば「一般書」という言葉。

「最近の一般書さあ…」という前振りで対話を続けるとき、互いに想定している「一般書」は、相当に違うものだと思った方がよいが、 それが悲惨な現実を招いたという話は聞かない。一方で、そういったお互いの誤解や言葉の混乱が、悪影響を及ぼしてしまうこともある。 「いじめ」という言葉は、その最たるもののひとつではないだろうか。著者は、もともといじめられっ子ではない。 逆に、高校生時代は、管理教育の現場で教師らと闘い、最後は自主退学に追い込まれた過去を持つ。

ある必然から、平成5年に山形県新庄市で起こった山形マット死事件の周辺取材を行うことになった。 著者はそこで、世の中の「生きにくさ」のわけを解く大きな鍵が、「いじめ」と呼ばれている現象の中にあることに確信を抱くのである。

ところが、「いじめ」なるものをきちんと研究し、定義し、どういった行為や人間関係が「いじめ」と呼ばれるものなのか、 はっきりかつ詳しく述べている学者や専門家が、誰ひとりとしていなかったのである。

著者のいじめ研究は、最初に学術書で公表されたため、簡単に理解されるものではなかった。結局、 その後も、世間は身勝手ないじめ論を垂れ流し続け、ずさんな論を声高に唱え続けた。それが、世の中に悪影響を及ぼさないはずがない。 そんな現実にいきどおりつつ、著者の生い立ちを交えてつづったのが、このはじめての入門書である。(柏書房・1680円)(柏書房編集部 山口泰生)

57:いじめに負ける匿名さん
自分がされていやなことややめてほしいことを相手からされたらどう思うかってこと。 いじめの概念というか定義によっても意味も変わる。

単なる言葉のからかいなのか、頃し合いなのか。個人的な感想では、自分がされていやなことではみんな腹が立つけど、 自分が同じことをすると許してもらいたいと思ってるねみんな、たいていの場合。

いじめとか生きるか死ぬかという問題が、単なる比喩表現なのか、どこまで本気で考えるのか線引きもはっきりしない場合が多い。難しい。

59:いじめに負ける匿名さん
虐めてる本人とか虐める奴が悪いとかどうでもいいから、虐めというものをやめろよ。 虐めて楽しい?馬鹿じゃないの?じゃぁ例えば自分が殴られたり蹴られたりして痛いとかやめてほしいのか思わないのか? そういう事も考えずに自分勝手な行動で虐めてる馬鹿ども最近多いがな

61:いじめに負ける匿名さん
>>59
「馬鹿じゃないの」なんていう分析は全く社会学的ではない。

62:いじめに負ける匿名さん
>なぜ(虐め)いじめは楽しいのか
すまんが、(虐め)いじめが楽しいと思ったことは一度もないのだが・・・でも世の中にはいるんだろうなあ、1のようなのが

凶悪犯罪事件などをニュースで見るたびに何でこういうひどい事件が起きるんだろうかと思っても 現実には1のように人に嫌がらせをしたり頃したりするのが本気で楽しいと思ってるキチガイがいるんだろうなあ・・・ これじゃ犯罪が減るわけもないよな

63:いじめに負ける匿名さん
俺、「カラリパヤット」が楽しいなんて思ったこと一度もないなだって、やったことないから やりたいとも思わないし

64:いじめに負ける匿名さん
いじめを解決する方法は解からないけど復讐する方法は解かります。

(1)いじめの内容をメモしておく
(2)いじめの内容を録音しておく(盗聴器は秋葉原に売ってます)
(3)いじめの証拠を取っておく(落書きされた物,こわされた物)
(4)卒業後、弁護士を通じて裁判で訴える
(5)裁判は勝つことより長引かせることが大事、裁判のあいだ加害者は進学,就職,昇進などでいちじるしく不利になる
(6)裁判中も盗聴器は身につけておき又電話にも仕掛けておき嫌がらせや脅迫があればそれも裁判に持っていく

中学卒業後または高校卒業後の数年間の裁判は加害者の進学就職をめちゃめちゃにする。 そしてかなりの確率でワーキングプアとなり一生貧乏生活を送ることになる。

65:いじめに負ける匿名さん
>>59
稚拙な意見だな。自分の影を加害者に投影しちゃったから全否定しようとしてるんだろ?

66:いじめに負ける匿名さん
いじめは、相手を間違えると、同窓会で、時限爆弾とか・・・

67:いじめに負ける匿名さん
あれ?(虐め)いじめって法律とかで罰せられないの?誰かー教えてーー\(゜ロ\)誰ヵー(/ロ゜)/

71:いじめに負ける匿名さん
結局いじめについては、自分がいじめられる経験があったら反対、なかったら賛成ってパターンじゃないの? まあ、そういう自分は反対派だけど。

72:いじめに負ける匿名さん
そうなのか? やったことなければ賛成??? 一部の煽りを除いて、いじめがなくされるに越したことはない、ってのは共通見解だろ。 ただ、いじめられただけの奴はそれがちょっとしたみんなの努力で簡単にできるというし、 いじめたことがある奴は、それはなかなか容易なことではないぞという。まあ俺は悲観派だけど。

73:いじめに負ける匿名さん
ん〜・・・やっぱり(虐め)いじめは大勢で固まるからするもんだろ?
1人でいるときはやらない。 人間は群れる生き物?なんじゃないのかな〜?

もし、群れる生き物であるのなら本能レベルでの制御が必要じゃないのかな。

74:いじめに負ける匿名さん
(虐め)いじめは本質的に近親憎悪であるわけで、いじめる側のストレス軽減とか自信向上が解決につながるのでは。

75:いじめに負ける匿名さん
もし学校でいじめられているのなら、その内容をメモしておき、さらに盗聴器や隠しカメラで証拠を撮っておく事だ。 そして卒業後、弁護士を通じて裁判に訴える。これは最高の復讐になる。なぜならいじめる奴は実は心の奥底では自分が悪いと分かっている。 でもその心の奥底の思いを認めたくない。人にも見られたくない。だが【裁判】では否応なくこの心の奥底を指摘される。 しかも盗聴器や隠しカメラを証拠に出されると逃げ場がない。これはいじめる奴にとって最大の恐怖になる。

SNSでのフォローお願いします

SNSでのご紹介・リンク・ご感想・ご批判をお待ちしております。

特集:便所飯

便所飯:僕は学校ではトイレで弁当食べてます:おなかいっぱい!便所飯!

便所飯してる大学生:便所飯って本当にいるんだな、と思いました!

近畿大学でついに便所飯禁止令:最期の食事場所だった便所さえ奪われたスクールカースト最下層!

まだ、リア充・コミュ充と同じ土俵で勝負しますか?

精神障害者採用枠就職例

契約社員:Webデザイナー 33歳 鬱病(うつ病)

精神障害者採用枠には、ルーチンワークしかないと思っていましたが、今までの経験を活かせる仕事に就けました。 正社員でも1年で潰れるより、病気や障害を理解してもらい5年、10年続けた方がいいと思いませんか?

鬱病(うつ病)精神障害者就職情報

掲示板 ご意見募集中

掲示板